沖縄は「文化観光」を強力に推進しています。

沖縄の芸能には、不思議なパワーがある。
40もの島々で構成される島嶼性、琉球王朝にまつわる様々なストーリー、アジア民族やアジア文化との歴史的なつながり…。
沖縄の芸能は、それぞれが際立った存在感を発揮すると同時に、独自の歴史・風土に培われた、自然との共生や平和への祈り、多様な愛、異文化受容への懐の深さなど、現在(いま)改めて捉えなおされるべき人間共通の普遍的な価値を、感情や感性、身体に直接働きかけ伝えてくれる。
そんな沖縄芸能のパワーを最大限に発揮して、沖縄観光の新たなスタイルをみんなでつくり上げる。
まず県民のみんなに、そして沖縄を訪れる全てのみなさまに!「まず1回!」「あと1泊!」「もう1度!」と強く感じてもらえるような、磁力のあるコンテンツをつくりこみ、より気軽に親しんでいただくための環境を整える。

沖縄には、美しい詩がある 沖縄には、美しい音がある 沖縄には、美しい舞がある そして、きっとあなたと響感し合えるこころがある さぁ、もっと!おきなわ

目指す姿の実現に向けた戦略の3つの柱

戦略の柱1「文化観光コンテンツ」

磁力(マグネット)を高める

  • Ship of The Ryukyu“琉球幻想絵巻”公演
  • Ship of The Ryukyu“県内巡回”公演
  • 子の会with国立劇場おきなわ“守礼の心”公演
  • 体験王国むら咲むらwith読谷村
    琉球伝統芸能絵巻—心ククル—”公演

戦略の柱2観光機会の拡大

おもてなしの力を高める

戦略の柱3セールスプロモーション

販売促進を強化する